So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

本当の目的 [旅行]

美味しい朝食をいただき、和みの宿 軽井沢を後にします。実はこの旅館は某旅行予約サイトの夕食が美味しいお宿で関東No1に輝いたお宿でした。ボリューミーで優しい味付けの夕食、お宿の方の優しい笑顔と丁寧なサービス、掃除が細部まで行き届いた館内ととても気持ちの良い滞在ができた旅館でした。決してゴージャスな旅館ではなくアットホームな感じが素敵な旅館でした。

長野の旅もいよいよクライマックスに近づこうとしています。でもその前に少々寄り道。

~寄り道1~

宿を出て近くにあるハルニレテラスへ寄り道。川沿いの小さな森の中のテラスにいろんな食べ物屋さんやショップがあります。一通り見た後に、我々はランチ用にとパン屋SAWAMURAでパンを、MARUYAMA 珈琲店でコーヒーを買って車に持ち込みそしてどーしても我慢出来ずパクリ。珈琲はスタバやタリーズみたいな濃い系のものではなく、軽いけどマイルド系。ワインで言ったら薄旨系でしょうか。我々の好みど真ん中。パンは焼きたてという事もあったけど全体的に丁寧に作られてる感のあるパン達で特に旨かったのはクロワッサンでした。満足できた「つまみ食い」(笑)でした。
640x640_rect_52721928.jpgg02_b.jpg

~寄り道2~

続いての寄り道は「白糸の滝」。全国どこにでも同じ名前の滝がありますね。でもここは今まで観た滝とは一風変わった趣でした。どこかしっとりと静かに落ちる水の糸。囲まれ感ハンパ無く、きっとこういう滝はもっと険しい山の頂上にあるべき滝と勝手にイメージ。(実際は5分位、山に向かって登ると観れてしまう[ふらふら])登頂達成時にその先に待っていてほしい景色の一つとしてこんな滝があったらいいなぁというイメージ、もっと苦労して登らないと観れない景色、そんなイメージです。神秘的です。
IMG_0023 (1).JPGIMG_0025 (1).JPG

~寄り道3~

石の教会(内村鑑三記念堂)
パンフレットにはこう書いてあります。
「内村鑑三が掲げる自由は妥協のない純粋な自由。キリスト教を含むすべてのイズム(主義)から離れよと説く。教会は祈りの場であって建物のことではない。私たちがこころから祈ることができるすべての場所が真の意味での教会であるという思想。」

デザインはどなたがされたのかわかりませんが、教会へのアプローチからしてまずモダンです。
教会の中は薄暗く、外から差し込む陽の光がとても神々しく見えます。祈りを捧げる事に本当は何の資格も条件も建物も必要ないのだという間口の広い発想に少々共感しつつ祈りを捧げてきました。ここは結婚式で使用される頻度が非常に高い教会だそうです。軽井沢という土地柄もありますがこんな素敵な場所で挙げれたら幸せですね。
IMG_0014 (1).JPG
IMG_0008 (1).JPGIMG_0009 (1).JPG
IMG_0012 (1).JPG


そして上田のホテルに車を置き本日のメイン、ヴィラデストワイナリーへ向かいます。
今回の旅の目的は二つあって、ヴィラデストワイナリーの再訪はその一つです。そこそこ高い山の上部に位置するこのワイナリーから見える夏のモコモコ雲や上田の市街地はとても美しかった。
IMG_0046 (1).JPGIMG_0039 (1).JPG

ワイナリーの畑を見学しているとあっという間に大粒の雨が・・・・。山の天気は変わりやすいと歌を唄いながら(笑)急いでワイナリーに避難。スコールです。
IMG_0027 (1).JPGIMG_0042 (1).JPGIMG_0043 (1).JPGIMG_0028 (1).JPG

このワイナリーに来たら絶対ここのレストランのディナーは食べるべき。前回訪れた時よりもワインのラインナップが増えてて何を飲もうかそれだけ考えただけでも興奮がおさまらない。落ち着いて料理をオーダー。

ワインはこのワイナリーでシャルドネ飲むならこれ。プリマヴェラ。果実・酸・ミネラルのバランスがとても良く価格もリーズナブル。プリマヴェラをお伴にまずは一品目(♂♀共通)「ウニとトウモロコシのクラフティサレ」サクっとした食感に濃厚なウニ。ワイン良し。
IMG_0056.JPGIMG_0048.JPG

♀「カツオの炙りと夏野菜のニース風サラダ」♂「信州地鶏とフォアグラのパロティーヌ」
IMG_0053.JPGIMG_0052.JPG
♀♂共通「グリーンガスパチョとブラータチーズ」、「カボチャのロースト」
IMG_0058.JPGIMG_0060.JPG

♀「ズッキーニをのせた鮮魚のロースト アサリとサフランのソース」♂「信州紅酢豚のカツレツ、夏野菜のサラダ仕立て」
IMG_0065.JPGIMG_0064.JPG

♀♂共通「メロンのソルベとライチのジュレ」、「ブルーベリーとフロマージュのムース ヘーゼルナッツのメレンゲを添えて」
IMG_0070.JPGIMG_0071.JPG

どれもこれもとにかく味付けが優しい!今回もすべて美味しかった!そして白ワインの他にシードルと赤ワインをグラスで数杯飲みましたが、その中で今回初登場のピノノワールの完成度には驚かされました。年々進化しますねこのワイナリーは・・・そして日本のワインは・・・。今回も美味しい料理とワインとのマリアージュを存分に楽しむ事ができました!絶対、またくる!

そしていよいよ最終目的。「上田城」
某放送局の真田丸を見て以来というもの一度上田城を見てみたいと思ってました。城とは言え天守閣がある訳でもなく、屋根瓦や白漆喰の美しさを見れる訳ではないのですがこれもテレビの影響か根拠のないわくわく感があります。

東虎口櫓門
IMG_0014 (2).JPG

真田石
IMG_0018 (2).JPGIMG_0019 (2).JPG
当時は石を権威の象徴とする風習があり大きな石を山から持ってきてここに据えたようです。息子の信之が松代に移封を命じられた際に父の形見として持っていこうとしたが微動だにしなかったとの事。流石に大きな石だった。これは動かんでしょう。

IMG_0015 (2).JPGIMG_0021 (2).JPG
4つ櫓がある中のこれは北櫓。朝から雨が降っていたが櫓巡りする頃には止んで雲がまるで狼煙のよう。(この写真だと狼煙あげすぎだけど・・・(笑))まるでこの時代にタイムスリップしたかの如く山間の城の美しさを堪能しました。

IMG_0027 (2).JPG
実際はもっと崖っぽく感じます。自分が立っているところはこの時代は堰で現在は駐車場になってしまっています。堰が残っていたらどんなに良かったか・・・・。より要塞感が増した事でしょう。

IMG_0004 (2).JPG
そして真田丸で実際に使用されていた幸村の甲冑です。本当に綺麗な赤ですが、♂はこの兜は角にとても惹かれます。伊達政宗にしてもそうでしたが武将の兜のデザインはとても奇抜で全く実用的ではないけれど一種の歌舞伎のような美しさを感じます。

途中からまた小雨が降ったりして、足元悪い中の上田城でしたが信州上田真田丸大河ドラマ館は昔の上田城のイメージ外観や部屋の3D画像がバーチャルリアリティで観れたりして楽しかったです。
今回の旅はここまで。飲んで食って観て笑って、今回も大満足な旅だった!

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

軽井沢旅行の続き [ワイン]

前回の続きです[わーい(嬉しい顔)]
おいしいおいしいナポリタンを食べた後、軽井沢銀座をぶらぶらお散歩です[足]
まずはこちら
original.jpg
軽井沢デリカッセン
軽井沢に別荘を持っているお友達オススメのハムやさん
こちらのコンビーフが絶品とのことだったので寄ってみました
ハム、ベーコン、ソーセージ、燻製品などどれもこれもおいしそう~~
263036_listImage.jpg263125_detailImage1.jpg
で、購入したのはオススメのコンビーフ(写真左)と、右の写真の左側、スライスソーセージの盛り合わせ
おうちに帰っていただきましたが、コンビーフはしっとりしていて臭みもなく、缶詰のコンビーフのパサパサ感は全くなし!
今まで食べた中でナンバーワンコンビーフでした[黒ハート]
お取り寄せできるみたいなので、今度は燻製類も試してみたいです[るんるん]
http://www.karuizawa-delica.com/

引き続きぶらぶらしながら、笹倉鉄平の絵画展をみたり、お土産屋で試食したりチーズケーキやせんべい食べたり・・・
それから聖パウロカトリック教会へ
IMG_0014.JPG
中は撮影禁止でしたが、神聖な場所でした^^
軽井沢銀座サイコー[わーい(嬉しい顔)]

軽井沢銀座を出た後、自転車で次の目的地へ
IMG_0015.JPG
IMG_0029.JPGIMG_0031.JPG
旧三笠ホテル
明治後期の木造西洋式ホテル。国の重要文化財に指定されているそうです

IMG_0020.JPGIMG_0019.JPGIMG_0022.JPGIMG_0024.JPGIMG_0023.JPGIMG_0025.JPG
レトロな調度品がとっても素敵で[るんるん]
とても高価なホテルだったことが分かります
当時はガラスの性能が良くなかったそうで、窓から見る外の景色は歪んで見えました

旧三笠ホテルを出た後、自転車で別荘街を走り抜けます
下りだから♂が飛ばしてます。危ないぞ~~[むかっ(怒り)]
次のお店も、別荘をお持ちのお友達オススメです
original.jpg
ベーカリージャンバルジャン
通りから一本入ったとこにお店があり、わからなくて何度も素通りしてしまいました(笑)
とっても素敵なパン屋さんです[黒ハート]
どれもおいしそうでしたが、夕飯前なのでクロワッサンとクリームを挟んだパン(名前忘れました)、コーヒーを注文してテラスでいただきました
IMG_0032.JPG
クリームパンのクリームがすごくおいしかったです
静かでゆっくりとした時間が流れ、いい休憩ができました[ぴかぴか(新しい)]
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20016258/

そろそろ帰る時間なので、観光しつつ宿に向かいます
やはり自転車は気持ちよい~~[グッド(上向き矢印)]

自転車を返却し、本日の宿「なごみの宿軽井沢」へ
http://nagominoyado.info/
ネットで評判が良かったのでこちらに決めました[手(チョキ)]
評判通り、穏やかなご主人がお迎えしてくれました

自転車で汗をかいたので、まずお風呂に入りました
温泉ではありませんが、二人では十分な広さのお風呂でした
ゆ~っくりつかって、お楽しみの夕食です[レストラン]
このお宿に決めた理由の一つは、食事の評判が良かったこと
そしてなんと!お酒が持ち込みできるんです[るんるん]
当然のごとくワインを持ち込みさせてもらい、お食事スタートです[わーい(嬉しい顔)]
IMG_0034.JPG
IMG_0036.JPGIMG_0038.JPGIMG_0039.JPGIMG_0045.JPGIMG_0037.JPGIMG_0042.JPG
じゃーん!
われわれ酒飲みにとって、一気に出てくるのはちょっと辛いのですが(笑)
でも気にせずゆっくりいただきました[バー]
プロセッコを持ってきたのでどの料理にも合いました
これは伊勢丹のワインフェアで購入したもの
1本1400円ぐらいだったのでコスパ良かったです
http://mot-wine.mottox.co.jp/new_wine2/1306282T.html

♂が、豚肉が温かいうちにご飯で食べたい!と言い出し、食べ出したらご飯も美味しくてとまらなくなり・・・
気がつくとおひつが空っぽ[がく~(落胆した顔)]
♂、食べすぎじゃ~~~
案の定、食事が終わったらお腹が苦しいと言い出し、20時前には寝てました[あせあせ(飛び散る汗)]
ま、今日はよく動いたのでよしとします(笑)


そして翌朝、たくさん寝てるのでまたたくさん食べれます(笑)
強靭な胃袋の持ち主です[exclamation×2]
IMG_0005 (1).JPG
これに焼き魚がありました
ご飯2杯半、食べてました(笑)
シンプルでよい朝ご飯でした[わーい(嬉しい顔)]


宿をでて中軽井沢観光に出かけますが、次回に続きまーす

nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

誕生日松本旅行の続きと、夏休みの軽井沢旅行 [旅行]

珍しくちょっと早めの更新です[わーい(嬉しい顔)]

今回は松本旅行の続きと、8月に夏休みで行った軽井沢旅行も書いちゃいます[ぴかぴか(新しい)]


まずは前回の続きです
朝ご飯の後、国宝 松本城に行きました
城大好きなので楽しみ[るんるん]
松本城は、戦国時代に建てられた五重六階の天守の中で日本最古の城だそうです
IMG_5199.JPGIMG_5202.JPGIMG_5185.JPG
どっしりと構えたお城、落ち着きを感じますね~
白と黒のコントラストが青空に映えてステキです[ぴかぴか(新しい)]
♂はよほど気に入ったようで写真を撮りまくっていました(笑)

城内も見学できました~
IMG_5212.JPGIMG_5206.JPG
とにかく階段が急で!
昔の人はこれを着物でのぼっていたかと思うとびっくりです

やっと頂上まで来ました
IMG_5210.JPGIMG_5209.JPG
見晴らしがよかったです。ちょっと写真がイマイチかなあ(笑)

とにかくお城内は急な階段が6階まであったので、翌日は筋肉痛でした[あせあせ(飛び散る汗)]


お城をでて、次は山梨県の明野に向かいます[車(RV)]
明野に「ハイジの村」というのがあり、そこでひまわり畑を見てきました[かわいい]
IMG_0044.JPGIMG_0046.JPGIMG_0048.JPGIMG_0049.JPG
天気も良くて最高にきれいでした[わーい(嬉しい顔)]

そのあと、明野にあるグレイスワイナリーに寄り、試飲して(♀だけ[バー])帰りました
とっても楽しい旅行でした。
誕生日旅行の企画してくれた♂くんに感謝です^^



そしてそして~~~
毎年恒例の夏休み旅行です[黒ハート]
今年は2泊3日しかできなかったので、近場ということで軽井沢に決定[exclamation×2]
実は私(♀)、軽井沢初めてなんです
軽井沢といえば、「天才たけしの元気が出るテレビ」のイメージなんですけど~ふるっ!
へんな動きの蕎麦屋がありましたよね[exclamation&question]
これで歳がばれますな[たらーっ(汗)]
とにかく軽井沢に行けることがうれしくて、友達やらネットやらで情報を集めまくりました(笑)

東京から車で2時間半、軽井沢に到着[車(RV)]
早々に宿に車を預け、自転車をレンタルしました
軽井沢巡りは自転車がいいそうです
自転車も久々なので、いい運動になりそう[グッド(上向き矢印)]

宿が中軽井沢だったので、まずは軽井沢方面に向かって自転車を走らせます
途中「追分宿郷土館」ということろで書家 稲垣黄鶴の書道展のポスターを発見[目]
書道を習っていた♂の希望で寄ってみました
IMG_0001.JPG
中は撮影禁止だったので外観だけ
優しかったり力強かったり、文字に「生」を感じました

その隣「ギャラリー蔵」では、武生弘子絵画展
童話をテーマにした優しい絵がたくさんあり、心が温かくなりました[揺れるハート]

さらに自転車で進むと、これはホテル?って思うぐらい高級そうな別荘が並んでます[家]
すごいなあ~~~うらやましい・・・[ハートたち(複数ハート)]
軽井沢って避暑地といいますが、ほんとに涼しいんだなあって実感しています
緑が多いので木陰がたくさんあるからかな?と、私は思いました

最初の目的地「雲場池」へ到着~
IMG_0004.JPG
IMG_0003.JPG
紅葉で有名のようですが、水面に映る緑もきれいです[揺れるハート]

そこからさらに走り、「軽井沢銀座」へ[exclamation]
ここを楽しみにしてたんだぁ~[ハートたち(複数ハート)]すっかりおのぼりさんです(笑)
魅力的な店ばかり並んでます[グッド(上向き矢印)]
とりあえず入り口付近にあったカレーパンを
IMG_0006.JPGIMG_0007.JPG
三笠ホテルのカレーパンでしたが、うーん。どうでしょう
味が薄いです
出鼻くじかれた感じがあるけど、まあいいか(笑)

あちこちでつまみ食いしたいけど・・・お楽しみのランチだし[レストラン]
軽井沢銀座奥にある「ラ モンタニョン」
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20018111/
友達からこちらのナポリタンがすごくおいしいと聞いたのでやってきました~

自家製パテとナポリタンを注文しました[るんるん]
IMG_0009.JPG
まず自家製パテ到着
とっても肉肉しくてうまい~[exclamation×2]

そして待ちに待った[黒ハート]
IMG_0012.JPG
ナポリタン[exclamation×2]
なんだこりゃ~[あせあせ(飛び散る汗)]
自家製サラミやベーコン、ソーセージがこんなにもたくさん乗っています
テンションあがりすぎます[グッド(上向き矢印)]
ベーコンだけでもいろんな種類があって味が違うんですよ~
上だけでワイン1本飲めそう(笑)
味つけは甘すぎず、大人のナポリタンって感じでこちらもめちゃウマでした
軽井沢にきたら絶対外せない一軒となりました[わーい(嬉しい顔)]

とりあえず今回はここまで
次回も引き続き軽井沢旅行です[るんるん]

nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

相方♀の誕生日で松本旅行 [ワイン]

先日、相方♀の誕生日お祝いで長野県の松本に旅行してきました。

どこに行くか今回は少々ネタ切れ的なとこもあって、ネットの某大手旅行予約サイトのランキングを参考にさせていただきました。勿論、テーマは「夕食が美味しいお宿」[exclamation×2]
そこで2位のお宿が夕食の写真がめっちゃ旨そうだったのと、旅館の雰囲気が好きだったので松本のこのお宿に決定。

せっかく松本行くんでその前に観光って事で、安曇野のわさび大王農場さんへ。今回で2回の訪問ですがお決まりのわさびコロッケ、わさびソフトをお伴に農場内を散策。
IMG_0033.JPGIMG_0030.JPG

ここの湧水は本当に冷たくてずっと手を入れてるとしびれるほどです。タオルをこの湧水に浸し、首に巻いて歩いたのが本当に気持ちよかった[exclamation]
IMG_0039.JPG
しっかり生わさびを試食していざ昼食の蕎麦屋さんへ[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)](因みにここの生わさびは辛いのに甘い。そのまま食べても旨いけど、お刺身用に1本買って帰る事を強くお薦めします。)

こんなに蕎麦の香りが豊かな手打ち蕎麦初めて食べた[exclamation×2][キスマーク]

松本市内にある蕎麦屋「井川城」
相方♀は冷たいかけ蕎麦を注文。♂は三種類蕎麦セットを注文。
最初に出てきた少しお酢の効いたお蕎麦。あまーいお揚げさんとパプリカという何とも不思議な組み合わせではあったが最初の変化球は見事ストライク。続いて相方♀の冷たいかけそば。いたってシンプル、シンプルが故にわかる蕎麦本来の味わい。香りが凄い。
IMG_5219.JPGIMG_5222.JPG

そして♂が注文した蕎麦セット。種類は十割蕎麦、大名蕎麦(御前粉の手打ち)、粗挽き蕎麦の三種類。十割が一番歯ごたえはあるけれど一般的な十割と比べると食べ易く咽越しも良い感じ。全ての蕎麦に共通するのは蕎麦の豊かな香り。香りを楽しみたくて半分以上、塩で食べました。またここの蕎麦を食べたくて松本に来たくなるなと思いました。そして最後に食べた信州蕎麦大福のデザートは甘すぎない上品な餡子が特徴の旨い大福でした。井川城、ばんざい\(^o^)/
IMG_5223.JPGIMG_5226.JPG
IMG_5228.JPGIMG_5233.JPG

そしていよいよ到着。お宿「金宇館(かなうかん)」
IMG_5234.JPG

ここは何か「昭和」を感じさせるレトロ感と自然の景色がうまく調和されている、そんな雰囲気があるお宿です。風呂上がり(簡単に風呂上がりと書いてしまったがここのお風呂は良いです。お湯が柔らかく肌をいつまでも包んでくれてる感じ)にお宿の談話室に立ち寄り、置いてある冷たいお水をがぶ飲みして椅子にもたれます。窓から庭の滝の水に乗って涼しい風が下りてきて顔にあたり、真空管アンプから紡ぎ出されたやわらかーい音が風に乗って体全体に浸透していきます。
至福の時です。
IMG_5236.JPGIMG_0001.JPG
IMG_0004.JPGIMG_0009.JPG

体も程よくクールダウン出来て、部屋に戻って庭を見ながらぼんやり。そしていよいよ夕食です。
お酒はこのお宿にも素敵なお酒があったのですが、相方♀の誕生祝なんで乾杯用のシャンパーニュと赤ワインを持ち込ませていただきました。
【シャンパーニュ】アンドレ・クルエ シルバーブリュット ナチュール
ドサージュゼロの辛口ですがブランドノワールのコクが重み、味わい深さを与えていて和食にも相性の良いシャンパーニュでした。そして料理は、

トマトの甘酢っぱいジュレがけ(デザートみたいです)
トウモロコシのかき揚げ&茄子田楽
たこのやわらか煮
じゅん菜のあんかけ豆腐
トウモロコシすり流し(トウモロコシのひげの揚げ乗せ)
鮎の塩焼き
白魚しんじょう穴子あんかけ
【赤ワイン】ロベール・グロフィエ ブルゴーニュ ルージュ 2009
まだまだ熟成するであろう力強い中にもエレガントさを感じる味わいのワインでした。
馬刺しと雲丹(馬刺しはマグロのトロのよう)
信州和牛の焼き物
野菜酢の物(茄子、オクラ、ミニトマト、玉ねぎ、筍)
油揚げの炊き込みご飯とお味噌汁
IMG_5256.JPGIMG_5250.JPG
IMG_5251.JPGIMG_5253.JPG
IMG_5258.JPGIMG_5259.JPG
IMG_5267.JPGIMG_5272.JPG
IMG_5264.JPGIMG_5261.JPG
IMG_5273.JPGIMG_5276.JPG
IMG_5280.JPG

そしてマンゴーアイスとフルーツゼリー、プリンのプレート Happy Birthday Version
IMG_5281.JPG

相方♀にとっては最後のこのプレートでやっとこの旅の目的を確認できたのでは・・?(笑)
このお宿の料理の味付けが全て濃くなく、薄くなく素材の味わいを生かした味付けで我々の好みのど真ん中の味付けでした。大満足[exclamation×2][キスマーク]

そして翌日早朝に朝風呂に入り、その後またまた大満足の朝食です[るんるん][ぴかぴか(新しい)]
こんな素敵な庭が見える個室部屋での朝食です。
IMG_0017.JPG

とにかく朝食も昨日の夕食の味付け同様に我々にちょうど良い味付け。全て美味しかったのですが特筆すべきはごはんと鮭。ごはんは甘みと弾力性のバランスが良く、思わず喉越しで味わってしまい(蕎麦じゃないんだから・・・(笑))、お代わり3杯して相方♀に叱られました。それほど旨い!
そしてその原因となった鮭は脂の乗りと塩辛さ、焼き加減が絶妙なバランスです。こんな旨い鮭、初めて食べたかも・・・。

IMG_0018.JPGIMG_0020.JPG
IMG_0021.JPGIMG_0022.JPG
IMG_0023.JPGIMG_0024.JPG
IMG_0026.JPGIMG_0029.JPG
IMG_0027.JPGIMG_0025.JPG

主役の♀も大喜びの松本バースデー旅行だったとの事。(本人談)
ここのお宿は絶対年内にまた行きます。[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

バースデーディナー [ワイン]

大変ご無沙汰しておりますm(_ _)m
ここ3カ月ほどかなりバタついておりまして・・・やっと落ち着いたところです[ふらふら]

先週は私♀の誕生日で、♂がディナーを作ってくれました[わーい(嬉しい顔)]
バタバタが落ち着いてからでよかった(笑)

まずはシャンパーニュで乾杯[バー]
IMG_5151.JPG
シャルトーニュ・タイエ・キュヴェ・レトル・ド・モン・ムニエ・エクストラ・ブリュット
ムニエ100%のめずらしいシャンパーニュ
きれいな黄金色、きめ細かい泡
口の中に広がるクリーミーさがたまりません!
でもまだ酸が強い感じです。ゆっくり楽しみまーす[るんるん]

IMG_5153.JPG
まずは野菜スティックをつまみにシャンパーニュを楽しみます
福島屋というスーパーで購入する泥付きにんじんは、味がとても濃厚なんです
塩でシンプル味付けがおいしいですが、タルタルソース&ウスターソースもなかなかです[わーい(嬉しい顔)]
ウスターソースがタルタルをさっぱりさせてくれます

IMG_5159.JPG
でた~~~生ガキ~~[exclamation×2]
角上魚類で購入した真牡蠣[黒ハート]
クリーミーでサイコーに旨いっ[グッド(上向き矢印)]
角上魚類は、新潟県寺泊にある「魚のアメ横」に拠点を置く、日本一を目指す鮮魚専門店だそうです。
安くて美味しいお魚がたくさんあり、しかも魚一匹丸ごとかっても調理してくれるので助かります
そして大好きな栃尾の油揚げなど、新潟の特産物も売っているので超お気に入りです[手(チョキ)]
あ~すでにテンション[グッド(上向き矢印)]

牡蠣のクリーミーさに合わせてワインも[バー]
IMG_5158.JPG
イブボワイエマルトノ ムルソーシャルム 2008
バター、クリーム、バニラなど、ムルソーっぽい濃厚な香り
口に含むと、濃厚さにミネラルや酸がきれいに溶け込んでいてバランスがよいです
おいしいなあ~~~
もちろん牡蠣にはバッチリ[手(チョキ)]タルタル&ウスターソースにも合いますねえ[黒ハート]

IMG_5164.JPG
シュリンプケーキ~[exclamation]
いわずもがな、えびのハンバーグです[揺れるハート]
エビのプリプリと衣のカリカリがたまりません
そしてソースにはタルタル&わさびだそうです
タルタルがしっかり甘みもあるのでワサビをたっぷりいれたそうですが、
それでもそんなに感じません
でも、ソースなしで十分おいしい[グッド(上向き矢印)]
これはシャンパーニュですねぇ
シャンパーニュもかなり酸が落ち着いて良くなってきました[バー]

IMG_5166.JPG
カツオの生姜煮
この先に赤ワインがあるんだな~~と予想させる一品[黒ハート]
お刺身用のきれいなカツオで作ってくれました
生臭みなんて最初からなかったとは思いますが、カツオと生姜は煮てもあうんですねぇ[ぴかぴか(新しい)]
これはご飯でもぜひいただきたかったので、半分は翌日の朝ご飯にとっておきました♪

そしてそして~予想通り赤ワインへ[揺れるハート]
IMG_5169.JPG
ユドロ・バイエ ボンヌマール 2008
大好きなユドロ・バイエですっ[exclamation×2]
若干オレンジかがった赤、最初はショートケーキのようなフレッシュさ、その後ろからシナモンなどのスパイス系、ブラックベリー、生プラム、いろんなものがバランスよく溶け出しています
これもおいしいなあ~~~幸せすぎる~~~[exclamation×2]

IMG_5176.JPG
じゃーん!マグロのたたき風サラダ オニオンソース
このマグロ、本マグロなんです
もちろん角上魚類で購入。角上様様です[わーい(嬉しい顔)]
マグロの旨みがハンパない[ダッシュ(走り出すさま)]
そこにオニオンソースの酸味がいいアクセントになっています
もちろん、ワインとのマリアージュも最高です[ハートたち(複数ハート)]

楽しい宴も満腹で終了[ぴかぴか(新しい)]
ここ3カ月の疲れも吹っ飛ぶ美味しいディナーでした[るんるん]美味しかったなあ・・・
作ってくれた相方に感謝感謝です[わーい(嬉しい顔)]


ちなみに、ほんとはメインの肉料理もあったのですが、満腹で食べられず、
翌日の晩御飯になりました。
なぜか、私が作りました。まあいっか(笑)



nice!(15)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

記念日ワイン [ワイン]

3月上旬の話ですが、ちょっとした記念日がありました[黒ハート]

その日に選んだお店は、大宮の「とらぬ狸」[揺れるハート]
こちらのお店はお料理がおいしいはもちろんのこと、どんなワインでもベストな状態で提供していただけるんです[るんるん]
今回は記念日なので♂が選んだワインで乾杯です[バー]

IMG_5080.JPG
まずは大好きなポル・ロジェのシャンパーニュで乾杯です[わーい(嬉しい顔)]
酸と甘みのバランスが素晴らしいんですよ~いつのんでもおいしいシャンパーニュ[キスマーク]
最初からテンション[グッド(上向き矢印)]です

IMG_5067.JPG
イベリコ・ベ・ジョータの生ハム
目の前で切り分けていただきました
噛めば噛むほど脂の甘みがあふれてきます
こんなガムがほしい~(笑)

この先、牡蠣三昧です[るんるん]
IMG_5071.JPG
的矢の生牡蠣!
時期は終わっていましたが、牡蠣好きの私たちのために最後に仕入れてくれたそうです
ミネラルたっぷりです

IMG_5073.JPG
焼き牡蠣
焼いた上にシャンパーニュのシャーベットがかかっています[るんるん]
う~ま~み~[グッド(上向き矢印)]

このへんで白ワイン[バー]
IMG_5077.JPG
ピュリニーモンラッシェ クロドラガレンヌ 1989
ジョセフドルーアン
ツヤツヤの黄金色、熟成という落ち着きを感じる、とても優しいワイン
いいですね~[exclamation]


IMG_5085.JPG
蒸し牡蠣
凝縮感たっぷりです。プリップリ

IMG_5087.JPG
牡蠣三昧の締めは、牡蠣フライ~
ジューシーさがたまりません。油との相性もサイコーです[exclamation×2]

次のメイン料理に合わせて赤ワインを
IMG_5078.JPG
シャルムシャンベルタン グランクリュ 1985 ジャン・ラフェ
当たり年のお宝ワイン[バー]
30年の時を経て、旨みという熟成感を感じつつ、若々しい面を併せ持っているようなきれいなワイン
クラッシックなピノノワールです
まさに体液。最高の褒め言葉[ぴかぴか(新しい)]
ああ、おいしい[グッド(上向き矢印)]

そしてメイン料理[レストラン]
IMG_5094.JPG
鴨~~[わーい(嬉しい顔)]
噛むほどに旨み、旨み、旨みの連続ですっ
旨みのピノノワールと当然ながら素晴らしいマリアージュです[わーい(嬉しい顔)]
添えられたお野菜もとてもおいしかったです

IMG_5096.JPG
チーズ達
私たちはあまりチーズを食べないのですが、こちらのは別格です[手(チョキ)]

DSC_1873.jpg
デザートは桜餅。おいしいお茶といただきました
まだ寒くて雨も降っていましたが、桜の香りが春を感じさせてくれました[わーい(嬉しい顔)]

大満足でお店を出た後、酔っぱらった私たちに揉め事が起こります[ダッシュ(走り出すさま)]
でもまあ、今となってはこの日が来るたびに思い出して笑えるいいネタになったってことで(笑)

いろんな意味(笑)でいい記念日になりました~
とらたぬさんいつもありがとうございます
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

nice!(16)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホワイトデーディナー [ワイン]

またもやご無沙汰ですm(_ _)m
さいきん転職をしたんですが、新しいことがぜんぜん覚えられなくって・・・
自分の記憶力の衰えにガッカリしております[もうやだ~(悲しい顔)]
家に帰ると疲れちゃってグッタリしています[ふらふら]
でもせっかく始めたので頑張らねば[ダッシュ(走り出すさま)]

そんなこんなでブログ更新も遅くなりましたが・・・
ちょっと前に♂がホワイトデーディナーを作ってくれました~[レストラン]
IMG_5099.JPG
まずはお風呂上りにホッピーと野菜スティックで乾杯[ビール]
大根と人参はどちらも有機野菜です
特に人参の甘いこと~スーパーでこだわりの泥付きにんじんだっただけあります!
そのまま何もつけなくても十分おいしかったです[黒ハート]

さて喉も潤ったので、シャンパーニュへ[黒ハート]
IMG_5106.JPG
ユリス・コラン レ・マイヨン ブラン・ド・ノワール エクストラ・ブリュット
ジャックセロスで修業した造り手さんです

いつものごとくブラインドで出されました。
濃いめの黄金色、きめ細かな泡、最初は酸がしっかりとしていたので
ブランドノワールとは思いませんでした
生クリームの厚みと酸のバランスがよく、温度が上がってくると
白い花のような華やかな香りとうまみが増してきました

これに合わせるお料理[レストラン]
IMG_5110.JPG
真鯛とりんごの津軽和え
真鯛の旨味とりんごの甘めの酸とお酢のしっかりとした酸のバランスが
素晴らしくおいしいです~
鯛、ぜんせん生臭くないし
よくよく見ると、酸と旨みのバランスって、さっきのシャンパーニュと同じ表現じゃん[バー]
合わないワケがないです[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

あまりにもおいしくてあっという間に食べてしまい、次からは天ぷら大会です[黒ハート]
IMG_5112.JPG
たけのことみょうがの天ぷら

IMG_5114.JPG
タラの芽とたけのこ

IMG_5118.JPG
しいたけ、リクエストでみょうが、タラの芽、たけのこ
ああ、泡と揚げ物、最強の組み合わせです[ぴかぴか(新しい)]
春を感じる食材たちも素敵です[るんるん]

IMG_5119.JPG
ホタテのバター焼き
活きホタテを買ってきてくれてキモまでおいしくいただきましたが、
ここで大事件が[がく~(落胆した顔)]
殻を外そうとしたところ、活きホタテは♂の指を挟んで・・・
♂は指を負傷[あせあせ(飛び散る汗)]
一週間以上たってもしびれがとれず、今週末病院に行くことになりました
[がく~(落胆した顔)]
でも、病院でホタテに挟まれたと説明することを思うとちょっと笑えます(笑)

指を負傷しつつ、宴は続きます[レストラン]
次は赤ワインへシフトしたのですが、写真を撮り忘れまして[たらーっ(汗)]
フーリエのブルゴーニュルーシュ2011
ブルーベリーやカシス、少しのタンニン、
厚みがしっかりあるけど品がよくてとても美味しかったです~

赤に合わせたお料理は
IMG_5125.JPG
サバの赤味噌焼き
見た目はちょっと焦げ気味ですが・・・これ、最高においしかった!
まずこの味噌タレがおいしくて~[グッド(上向き矢印)]
そしてサバ自体も身がふんわりしていて味噌だれともピッタリで
もちろん赤ワインともピッタリでした[exclamation]

名残惜しいですが〆へ
IMG_5129.JPG
豚のキノコ鍋
既に酔っぱらってたので豚が写ってなかった(笑)
かつお出汁と豚からの出汁、さらに天ぷらでもいただいた
しいたけからも素晴らしいお出汁がでていて~五臓六腑に染み渡る感じで
〆にはピッタリのお料理でした[黒ハート]

毎度ながら酔っぱらっておなか一杯になって
そのまま就寝[眠い(睡眠)]

幸せな時間でした~
手を負傷しながらのディナー、ほんとにありがとう[exclamation×2]
また作ってね[黒ハート]
ともあれ、今週末は病院だ(笑)




nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おつまみプレート [ワイン]

以前「カンブリア宮殿」で成城石井の社長が出演された際に紹介されていたスペイン産のサラミを買ったので、お酒に合うおつまみプレートを作ってみました~[レストラン]

IMG_5002.JPG
我が家のおつまみプレート[exclamation×2]
たくさん準備するのは大変だけど、一度出してしまえばゆっくり飲めるからいいんですよねぇ[ひらめき]
我ながらワクワクします[るんるん]

左上より時計回りで
IMG_4997.JPG
いぶりがっこモッツァレラチーズ乗せ、クリームチーズとカニカマのパテ
いぶりがっこはクリームチーズで合わせることが多いですが、モッツァレラにするとさっぱりいただけますカニカマのパテは、以前生ハムで作ったものをアレンジしてみました
生ハムよりカニカマのほうが庶民的な味です(笑)子供が好きな味かな


IMG_4994.JPG
スペイン産サラミ、アーモンド入りチーズの酒粕漬
サラミ、脂が甘くて~噛めば噛むほど味わいが広がります[わーい(嬉しい顔)]ガムにしたいくらい(笑)
さすが成城石井[グッド(上向き矢印)]

チーズの酒粕漬は、「ためしてガッテン」のガッテン粕床を作っているので、それに100円で4つ入っているプロセスチーズを3日ほど漬けました
酒粕の旨みとチーズの濃厚さが抜群でした。チーズに入っていたアーモンドもいいアクセントになっていて、100円とは思えないお味でした[黒ハート]


IMG_4992.JPG
大根スティック、ディップにはもろみとマヨネーズ&コチュジャン
そして大大大好きな地鶏のタタキ

大根につけたもろみは、福岡で「しょんしょん」といいます
しろいごはんにもおいしいですが、野菜につけてもGoodです[るんるん]
ちなみにこれです
http://www.marue-shoyu.co.jp/handout_detail.php?category_no=4&goods_no=52

地鶏のタタキは実家の近所の鶏肉屋さんのもの
これを九州の甘口醤油&にんにく&柚子こしょうでいただきます
歯ごたえと旨み、も~、たまらんです[わーい(嬉しい顔)]


IMG_4996.JPG
リンゴとモッツァレラチーズのオリーブオイルかけ

リンゴの銘柄忘れてしまったのですが、酸と甘みがちょうどよくて!
バジルがあってもよかったかな


そしてそして~
合わせたお酒[バー][とっくり(おちょこ付き)]
IMG_5003.JPG
パヴィヨンブラン シャトーマルゴー2003

最初はブラインドで出されました[バー]
酸と旨みがワインに溶け込んでいてとても落ち着いています
バランスがよく、クリーミーでとてもやさしいワインです
「おいしい!」
若いワインではないことまではわかりましたが、品種が思いつかず・・・
酸があまりないという理由でフランスの南仏あたりのセミヨン、2008ぐらい?

正解は・・・ボルドーのソーヴィニヨンブラン100%の2003年でした
ソーヴィニヨンブランではないと思ったのに~
ブラインドは不正解でしたが、とても美味しいワインでございました[わーい(嬉しい顔)]


そして最近ハマっている日本酒[とっくり(おちょこ付き)]
IMG_5006.JPG
何度か登場している写楽純米と十四代純米吟醸
どちらも旨口タイプですが、十四代のほうがみりんのような旨みが強いかな
写楽には余韻にキレがあります

う-ん、どっちも好きだ(笑)


おつまみプレートとのマリアージュ№1は、意外にも十四代とサラミでした[exclamation×2]
どちらも旨味たっぷりだったので、1+1=3になりました[グッド(上向き矢印)]


そして最後の〆はお刺身で[魚]
IMG_5008.JPG
本マグロと生タコ

本マグロ、薄かったけど(笑)
タコは噛むほどに旨みが広がります
吸盤はコリコリでまた違ったお味が楽しめました[るんるん]

ブログを書いていて今日のテーマはお酒、食材ともに”旨み”だったことに気がつきました[ひらめき]
”旨み”ばんざい[exclamation×2]日本人でよかったー\(^o^)/

nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Valentine Dinner !! [ワイン]

皆さま、ご無沙汰しております。

またまた久しぶりの更新となりますが、相方♀がValentine Dinnerを催してくれたので聞いてください。実を言うと♂は先週一週間は[ドコモ提供]インフルエンザ[ドコモポイント]でずっと寝込んでまして、お粥の生活を送っていたのでした。結構な高熱が出るのでそこそこしんどいですよね、インフルエンザ。皆さんも感染しない様、外出後の手洗いとうがいはお忘れなく[exclamation×2]

ではでは宴の始まりです[るんるん]

IMG_4962.JPG

ビルカール・サルモン キュヴェ ニコラ・フランソワ 1999

最近は日本のスパークリングやフリツァンテなんかを飲んでたので久々のシャンパーニュでした。ブリオッシュ、ハチミツ、バニラの香り。飲むと酸が一本きちっと通っていて、16年熟成でも全く衰えずまだまだ熟成するポテンシャルを感じます。飲む5時間前に抜栓してそれから3時間近くかけて温度も少し高めで飲みましたが、本当の姿を見せてくれたのは飲み終える一時間前位だったかな。やはりビルカールは前日抜栓すべきだったと少々反省。

旨いシャンパーニュ飲みながら初めの料理

IMG_4965.JPG

左から里芋サラダのカナッペ、スモークオニオンチーズのカナッペ、豚肉のパテ、クレソンと新玉葱とリンゴのサラダ。♂はクレソン大好物なんでサラダ一気食いでした[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]

お次は見て直ぐにシャンパーニュのお伴とわかる逸品

IMG_4977.JPG

左上から餅と生ハムのフリット、ズッキーニとエリンギ、そしてエビのフリット。エリンギと玉葱のマリネ。餅と生ハムのフリットは餅と生ハムの間に大葉が入っていて新食感[キスマーク]
衣に味がついててめちゃめちゃ旨かった。やっぱり揚げ餅はおいしいね~[るんるん]

ここで同時進行で赤も・・・・・・[ぴかぴか(新しい)]

IMG_4975.JPG

ボー・ペイサージュ  ラ・モンターニュ 2012
日本のワインでNo1赤と思う造り手です。メルロー100%ですがこのワイン独特の香であるニッキっぽい香り(我々はボーペイ香と呼ぶ)は健在。2012という若いヴィンテージでしたがいつもの薄旨ワインでした。

そしてこの赤に合わせて・・・・・・

IMG_4980.JPG

ジャガイモと葱のチジミです。我が家は葱の登場回数が多いなぁ[わーい(嬉しい顔)]
チジミにメルロー、めちゃめちゃ合いました。

そしてお待ちかねの肉、肉、にく~[exclamation×2]

IMG_4985.JPG

肉は茹でた豚を焼いたもの。それをサンチュにのっけてキムチとナムルを少々。辛みをちょんと乗せて口を全開あけて一気に放り込む。ひと噛みする度に幸せが訪れる・・・・この食べ方は無敵ですよね。いくらでも食べれそうな気がする[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

そして最後にデザートチョコ

IMG_4989.JPG

炒めたナッツとマシュマロが入ってます。旨いねえ~。香ばしいナッツとチョコが当たり前だけれど、ベストマッチです。旨すぎて一気に3分の2を食べてしまった・・・・・

普通、チョコだったらコーヒーとかなんだけれど、日本酒を合わせてみました。最近、食卓に頻繁に登場する日本酒。日本酒の旨さに取りつかれてしまったようです。

IMG_4987.JPG

銘酒 十四代。入手困難なお酒ですが運よく購入する事ができました。開けて直ぐより翌日のほうがすべての要素が落ち着いていて美味しいと思います。米の旨みが凄い事になっています。甘めの部類に入るのだろうけど、飲んだ後のキレが良くスッキリしてるので飽きません。所謂、旨口という部類のお酒。
銘酒でした[るんるん]

日本酒(甘めの方が良い)とチョコ、合いますよ。皆さまお試しあれ。

という事で今回は最後まで記憶があるうちに食べる事が出来ました。
今回も旨い宴を用意してくれた相方♀に感謝。どうもありがとう。
来月はホワイトデー ディナーやね[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]
nice!(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Birthday Dinner [ワイン]

今年もやってきましたMy Birthday[exclamation×2]

今年も旨い料理と旨いワイン達で相方(♀)がもてなしてくれました。

まずは料理が運ばれてくるまでシャンパーニュで待つ事に。
贅沢な時間で・・至福の時です。

IMG_4926.JPG

シャンパーニュ・シャムリィ・プルミエ・クリュ・ブリュットNV
クレモン・ペルスヴァル

この造り手は今回で2回目。モンターニュ・ド・ランス地区のシャムリィ村。
シャルドネ85%、ピノノワール8%、ピノムニエ7%、ノン・ドザージュ。
このセパージュを見ずに飲んだ時は、ブラン・ド・ブランかと思えたほどミネラリーで、そしてドライなイメージでした。でも、いつも通りシャンパーニュのいい香りがします。
いろんな国の造り手がシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵でスパークリングワインを作っているけれどやっぱりシャンパーニュのこの香りは出ないよなぁ・・・なんて考えてたら料理がやってきた。

IMG_4927.JPG

左から「オリーヴのフライ」、「大根の竜田揚げ」、「菜の花辛し和え」、「下仁田葱のマリネ」。本当にこれらの料理はシャンパーニュに合うんだよねぇ~[わーい(嬉しい顔)]

特に今回初めて登場したオリーヴのフライはオリーヴの塩味がフライ全体にちょうど良い味を付けてくれて何もつけずにパクパクいけました。

このプレートで1時間くらい飲んで次の料理・・・・ではなくワインを投入。
これは料理に合わせてワインを飲み分けるためだけど、時間かけてゆっくり飲めて
味わいの変化も楽しめるので所謂、シャンパーニュと白の同時進行は
我が家の伝家の宝刀的飲み方(笑)

IMG_4936.JPG

ムルソー ペリエール 2006
ミシェル・ブズロー

若干のカラメル香が出てて、酸と果実味は少し弱めでしたが飲んだ後の樽由来のバター香は長く、とても心地よかったです。こってこてのムルソーではなく、エレガント・ムルソーでした。

そして次の料理が登場

IMG_4948.JPG

左から「蒸し牡蠣」、「牡蠣フライ」、「生牡蠣甘辛醤油ジュレがけ」、「牡蠣のソテー」
ほんと、牡蠣、大好きなんです[exclamation×2][黒ハート]
全部旨いのですが、皆さんは美味しいものは最後にとっておく派?
それとも最初に食べる派?
私♂は最後にとっておく派。最後に生牡蠣ジュレがけ食べました。

続いて次の料理

IMG_4943.JPG

「魚介のカクテルサラダ
上にのってるのは畑のキャビア、とんぶりです。
キャビアではないけどキャビアを高いお金出して買う事の必要性を感じない我が家なのでこれで十分なんです。エビがぷりっぷりで美味しかったなぁ。

そしてこれまたたまらん料理

IMG_4951.JPG

「生ハム類のオードブル」
生ハム、ベーコン、ルッコラ、生ハムパテ、小さいパン、炙りベーコン
これだけでまた1時間飲めてしまう・・・・

そして伝家の宝刀にもう1本追加

IMG_4937.JPG

ジュブレ・シャンベルタン プルミエクリュ レ・グーロ 2007
ドメーヌ・フーリエ

これで3本同時進行。
今回のワインで一番旨かったのがこの赤。薄旨ワインだけど熟成から来る馬小屋の中の香り、腐葉土、ヴィンテージのキャラクター上、果実味の充実さは無し。時間の経過につれてどんどん開きだし、エレガントでいくつかの赤い花の香りが漂ってきます。派手さのない淑女的ワイン。

そして最後の料理

IMG_4953.JPG

「鍋焼きミートローフ」
これは旨い[exclamation×2]
赤ワインに凄くよく合いました。写真うつりがあまり良くないのだけれど肉の油の旨みや甘みがトマトソースによくからんで旨かったなぁ。

もうここまでで♂はダウン。寝てしまったようです(笑)
せっかくのバースデーケーキは翌日朝にいただきました。

IMG_4958.JPG

「シフォンケーキ キャラメルクリームがけ」[ぴかぴか(新しい)]
♀が焼いてくれたシフォンケーキ。しっとりしてて香ばしいキャラメルクリームが超合う。

今回も美味しい料理をたくさん作ってくれた相方(♀)に感謝[exclamation×2]
ありがとう。

来年もよろしくね[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]


nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。